BLUE BOTTLE STUDIO - KYOTO -

BLUE BOTTLE STUDIO - KYOTO -

ブランド創業者 ジェームス・フリーマンがクリエイティブ・アドバイザーとして監修した
ブルーボトルコーヒーのグローバルプロジェクトとなる「Blue Bottle Studio」は
その最初の店舗を京都の「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」はなれ 2階にオープンいたしました。
築100年を超える伝統的な京町屋をリノベートしたラウンジは、全席予約制の各回 5席のプライベートな空間の中でコーヒーコースをお楽しみいただくことができます。

ジェームスが自身のコーヒーへの創造性を解放し、細部までこだわり抜き創りあげた最高のコーヒー体験をぜひ「Blue Bottle Studio - Kyoto -」にてお楽しみください。


Blue Bottle Studioは、春と秋の季節限定・ご予約制にて営業しております。
2024年の春は、3月20日(水)から5月6日(月)までの期間営業をいたします。

Blue Bottle Studioは、春と秋の季節限定・ご予約制にて営業しております。2024年の春は、3月20日(水)から5月6日(月)までの期間営業をいたします。ぜひこちらよりご予約くださいませ。

Blue Bottle Studio operates on a seasonal basis during spring and autumn, available by reservation only. For spring 2024, we will be open from March 20th (Wednesday) to May 6th (Monday). Please make your reservation here. We look forward to welcoming you.

「Blue Bottle Studio - Kyoto -」では、予約制のコーヒーコースをご提供いたします。

今期のファーストドリンクには「リーフ、フラワー、チェリー」の 3 種類のテイスティングフライトをご用意しております。
「コーヒーノキは私たちに、葉、花、そして収穫後の処理で得られる果肉の全てを使用するように伝えようとしているのではないか?」そんな会話からインスピレーションを得て誕生したドリンクです。
コーヒーの葉、花、果肉をそれぞれお湯に浸してお作りしており、普段味わうことのないコーヒーのさわやかで多様な側面をお楽しみいただけます。

続く、世界中から厳選した非常に希少なシングルオリジンのコーヒー豆 3 種のフライトセットでは、ユニークで特別なコーヒーとの出会いがみなさまをお待ちしています。その後はジェームスが大きく影響を受けた喫茶店文化から着想を得たメニューが登場します。 コーヒーの過去や歴史を再解釈しコーヒーの魅力を表現したメニューをぜひお楽しみください。

コーヒーとご一緒にお召し上がりいただくのは、「Tangentes」の後藤裕一氏と仲村和浩氏監修によるスイーツ。 この秋は、京都の美しい紅葉をイメージした上品な紅色が目を惹くパートドフリュイと、コースの終盤にあたたかい状態でお楽しみいただくフィナンシェをご用意しております。 コーヒーとのハーモニーやコントラストをご体験ください。

この新たな秋のメニューを含むドリンク5種と、スイーツ2種からなる特別なコーヒーコースを、ぜひこの秋ご体験ください。みなさまのお越しをお待ちしております。

Blue Bottle Studio - Kyoto -
 ⁠ 住所:京都府京都市左京区南禅寺草川町 64 京都カフェ はなれ 2階⁠
⁠アクセス:地下鉄東西線「蹴上」駅から徒歩約 7 分⁠

席数:カウンター 5 席⁠
最大 5 名さまの予約が可能です。
ご予約は前日の15時まで受付可能です。