ボリビア・カラナビ・タイピプラヤ

¥2,106(税込)
このコーヒーの特徴は、甘みの強さ、ボディの滑らかさ、風味の親しみやすさ、それぞれが明確に感じられるところです。
最高級のボリビアコーヒーらしい、カカオと黒砂糖を彷彿とさせる味わい。酸味は穏やかで、青リンゴや洋ナシのようなテイスティングノートが思い浮かびます。そしてソフトなフローラルとフレッシュハーブのアロマが全体を引き締めます。

ボリビアの最高級コーヒーは、ペルー南部の最高品質と同じ特徴を多く持っています。ほのかなフローラル感と柑橘系の香りがあり、甘みとバランスに優れています。
このコーヒーはカラナビ地域の農協によりタイピプラヤ地区で栽培され、生産者であるアグリカフェで水洗処理されたものです。コーヒーチェリーは農園からブエナビスタにあるアグリカフェのカラナビミルに輸送されます。
彼らは昨年、このミルに多額の投資を行い、ウォッシュドコーヒーの完成度を高めることに力を注ぎました。このミルを通過したコーヒーはすべて低酸素の環境で発酵されます。一般的には、低酸素、あるいは「アナエロビック(嫌気性)」発酵は、コーヒーのフレーバーに影響を与える要素の一つとして捉えられていますが、今回のケースでは、大規模な処理に伴い、より安定性を持って伝統的なウォッシュドの特徴を実現することができています。
ボリビア産のコーヒーが存在し続けていることは、少し奇跡的です。過去10年間で、コーヒーの生産量は 70%近くも減少しています。このような厳しい状況にもかかわらず、ボリビアのコーヒー生産を維持するために戦っている品質重視の生産者が若干数存在しており、私たちはここ数年、素晴らしいコーヒーに出会うことができました。

フレーバー:ヌガー、青リンゴ、オレンジブロッサム
ボディ:フルボディ
酸味:ミディアム、バランスが取れている
原産地域:ボリビア
プロセス:アナエロビック ウォッシュド
品種:カトゥーラ、カトゥアイ

原材料名:コーヒー豆
内容量:200g
賞味期限:焙煎日より90日
保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
使用上の注意:コーヒー豆は豆のまま販売させて頂き、挽き売りは行なっておりません。開封後は密閉容器に保存し、できるだけお早めにご使用ください。

よく一緒に購入されている商品