KARIMOKU CASE STUDY For BLUE BOTTLE COFFEE

「カリモクケーススタディ」による、
ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ のためにデザインされた
コラボレーション家具の先行発売をスタート

ブルーボトルコーヒーと
ファーマーズマーケット

NEW ARRIVALS

TITLE TEXT

コーヒーのこと。
仮テキストスペースカフェやカフェを取り巻くコミュニティのこと。コーヒーライフがもっと楽しくなるように

NEW EVENTS

ブルーボトルコーヒーと
ファーマーズマーケット

コーヒーのこと。
カフェやカフェを取り巻くコミュニティのこと。
コーヒーライフがもっと楽しくなるように、綴っています。

かつて、ル・コルビジェやアルヴァ・アアルトが、自ら設計した建築にふさわしい家具をデザインしたように、「空間から家具を考える」というデザインアプローチを取り、国内外の2組の建築家とカリモク家具が協働し、
9月25日にオープンした「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」のために家具をデザインしました。

カフェのオープンを記念して、ブルーボトルコーヒー公式オンラインストアにて、
特別に今回デザインされた家具の一部を先行・期間限定発売をいたします。

ブルーボトルコーヒー 先行・期間限定発売
販売期間:2020年9月25日(金)〜2021年3月31日(水)

芦沢啓治 × ノーム・アーキテクツ × カリモク家具 × ブルーボトルコーヒー

 

ガラス張りの開放的な空間に、曲線やウッド素材が柔らかさを感じさせる心地よいデザインが特徴の「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」。 店内で使用する家具は、カフェのデザインを担当した芦沢啓治建築設計事務所とコペンハーゲンのデザインスタジオ、ノーム・アーキテクツが協働でデザインを担当し、カリモク家具により製作されました。その中のいくつかのアイテムが「カリモクケーススタディ For ブルーボトルコーヒー」のコレクションとして発表され、こちらの特設ページにて先行発売をいたします。ランドスケープ、カフェの空間設計、そして家具のディティールに至るまでを一つの体験と考えるデザインアプローチを取ることにより、周囲の景観とのハーモニーを奏でるカフェと家具のデザインに仕上がりました。

芦沢啓治

2005年に芦沢啓治建築設計事務所を設立、自身の建築及び金物制作の分野における10年にわたる経験が活かされ、建築とプロダクトデザイン両方のチームが相互に刺激しあい、それぞれ独自のスキルをもたらす環境を生み出しています。

Norm Architects

2008年に設立された、工業デザイン、住宅建築、商業インテリア、写真、アートディレクションなど 多岐にわたる分野で活躍するデザインスタジオ。ノーム・アーキテクツの作品の本質は、人間の幸福と同様、豊かさと制約、秩序と複雑さとの間のバランスの中にあります。

芦沢啓治

2005年に芦沢啓治建築設計事務所を設立。建築とプロダクトデザイン両方のチームが相互に刺激しあい、それぞれ独自のスキルをもたらす環境を生み出しています。建築、リノベーションから照明・家具デザインに一貫するフィロソフィー「正直なデザイン」から生み出される作品は、国内外から高く評価されています。

ノーム・アーキテクツ

2008年に設立された、工業デザイン、住宅建築、商業インテリア、写真、アートディレクションなど 多岐にわたる分野で活躍するデザインスタジオ。ノーム・アーキテクツの作品の本質は、人間の幸福と同様、豊かさと制約、秩序と複雑さとの間のバランスの中にあります。

カリモク家具

カリモクの起源は、愛知県刈谷市で小さな木工所を始めた1940年に遡ります。 高度な機械の技術と職人の技を融合させる「ハイテク&ハイタッチ」という製造コンセプトを掲げて 木材生産分野における土台を作りあげた、日本を代表する木製家具メーカーです。

カリモク家具

カリモクの起源は、愛知県刈谷市で小さな木工所を始めた1940年に遡ります。 高度な機械の技術と職人の技を融合させる「ハイテク&ハイタッチ」という製造コンセプトを掲げて 木材生産分野における土台を作りあげた、日本を代表する木製家具メーカーです。

インタビュー

カフェ全体のデザインを手掛けた芦沢啓治氏と、共に家具のデザインを手掛けたノーム・アーキテクツに、
ブルーボトルコーヒー、カリモク家具への想いを少し語っていただきました。

芦沢:ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェでは、木をメイン素材とすることで、公園にある大きな木の木陰のような、温かくウェルカムな空間づくりを目指しました。 ランドスケープと一体になりながら、且つどこから見ても公園の中心になるようなお店は、インダストリアルな質感の中に木の温もりを感じられることでしょう。今回カフェのデザインをするにあたり、木製の家具作りに1940年から真摯に取り組んでいるカリモク家具が浮かび、チームとしてノーム・アーキテクツと共に今回のコレクションを作り上げました。

ノーム・アーキテクツ:ブルーボトルコーヒーのカフェを訪れると、独自の活気が感じられます。それはインダストリアルな硬い質感と、クラフト感のある居心地の良い温かな空気とが混ざって生まれているものだと思いました。このバランスの取れたコントラストは、私たちがデザインの中で心がけている要素と一致しています。また、カリモク家具も機械技術と職人の技の融合に焦点を当てており、製品化された全ての家具にその精神を見出すことができます。木製家具をつくる上で、私たちにとって最高のパートナーだと考えています。

Karimoku Case Study Furniture

Design

静謐な美しさを大切にし、余計なディテールを省いた中に心地よさを感じられるデザインは、空間の中で主張し過ぎることなく、自然と馴染み、時代に左右されない魅力に溢れています。


Quality

「ハイテック・ハイタッチ」をコンセプトに、高度な機械加工技術と職人の技を融合させる理想的なバランスを追求し、長年のノウハウと高い品質基準のもと作り上げられています。


Sustainability

家具に使用されるのは、50年から100年の歳月をかけて育った木々です。カリモクではそのことを常に意識しつつ、100年以上愛されるような、長持ちする家具を作りたいと考えています。


Material

家具に使用しているのは国産のナラ材です。木という天然素材ならではの豊かな質感は、特に都市で生活する人々にとって、感性を刺激し、暮らしに安らぎを与えてくれます。

Design

静謐な美しさを大切にし、余計なディテールを省いた中に心地よさを感じられるデザインは、空間の中で主張し過ぎることなく、自然と馴染み、時代に左右されない魅力に溢れています。


Sustainability

家具に使用されるのは、50年から100年の歳月をかけて育った木々です。カリモク家具ではそのことを常に意識しつつ、100年以上愛されるような、長持ちする家具を作りたいと考えています。

Quality

「ハイテック&ハイタッチ」をコンセプトに、高度な機械加工技術と職人の技を融合させる理想的なバランスを追求し、長年のノウハウと高い品質基準のもと作り上げられています。


Material

家具に使用しているのは国産のナラ材です。木という天然素材ならではの豊かな質感は、特に都市で生活する人々にとって、感性を刺激し、暮らしに安らぎを与えてくれます。

カフェチェア

63,700円(税抜)

砧にあるアパートメントのために作られたダイニングチェアを基に発展させたチェアで、ブルーボトルコーヒー みなとみらいのために、より軽くスリムにしています。それにより、元のキャラクターを失うことなく、フレキシブル且つ多目的なチェアが完成しました。ソフトで暖かみのある木が、住宅のような心地良い空気をカフェにもたらします。

バースツール

77,500円(税抜)

このバースツールはカフェチェアと同じく、以前のプロジェクトのために作られたダイニングチェアをベースにデザインされています。自然なカーブが物語るデザイン、クラフトマンシップと品質、またバックレストのサイズが椅子をより快適にしています。これら全てが集約し、このバースツールを構成しています。

サイドチェア

135,600円(税抜)

クリーンなフォルムと新鮮さのあるデザインランゲージ、またソフトで快適性のある座面はブルーボトルコーヒー みなとみらいのインテリアエレメンツにインスピレーションを得てデザインされました。低めに設定された背面、そしてコンパクトにまとまった脚部により、ダイニングチェアでもスツールでもなく、それぞれの良さを兼ね備えた、カフェに求められる機能性を満たすチェアに仕上がっています。

お届けについて

商品の申込・発送・配送料について

・初回の生産分については12月中旬頃のお届けを予定しております。
・本商品は受注生産になります。ご注文をいただいてから約1.5〜2ヶ月後のお届けを予定しております。
・お届けの地域ごとに、別途配送料をいただいております。


キャンセル・返品(返金・交換)について

ご注文いただいた商品は、商品の特性上、お客様都合でのキャンセル・返品・交換は承ってはおりません。
ご注文の場合は、事前に内容・数量・金額をよくご確認ください。

KARIMOKU CASE STUDY For BLUE BOTTLE COFFEE